アクセス編

Q:カーナビで設定するとすごく狭い道路に誘導されてしまったのですが?
A:カーナビをご利用になる際、最短ルートでは車幅の狭い道路に誘導させる場合がありますので、国道141号線「松原湖入口」(県道480号線)の信号を経由して来場されることをお勧め致します。

Q:道が凍っていて危ないですが融雪剤はまかないのですか?
A:融雪剤(塩カル)はその後の天候や車の通る台数などの状況で、撒いても逆に表面が再凍結して危険になる事があります。
最もベストな状況を判断をして、なるべくはお客様がノーチェーンで来場できることを目指して作業しています。
Q:道が凍っていて危ないですが融雪剤はまかないのですか?
A:融雪剤(塩カル)はその後の天候や車の通る台数などの状況で、撒いても逆に表面が再凍結して危険になる事があります。
最もベストな状況を判断をして、なるべくはお客様がノーチェーンで来場できることを目指して作業しています。

Q:足が悪くて車イスを利用していますが近い場所に車を駐車できますか?
A:リゾートセンター横のスクール棟前に「車イスの方専用の駐車場」を3台ご用意しています。(障害をお持ちの方全てではありません)
また駐車場からリゾートセンター前テラスには段差用のスロープを設置していますので、リゾートセンター内の広めのトイレをご利用頂くことができます。ゲレンデ滑走の際はチェアスキー・チェアスノーボードが利用可能で、リフト乗降時はスタッフがお手伝いさせて頂きます。(リフト券の割引もございます)

リフト編

Q:オートケーブルはチケットがないと乗車できないのですか?
A:リフト券の有無は関係なくどなたでも無料で乗車できますが、1日中滑走目的の場合はリフト券が必要になります。平日の10:30〜11:30のみ運休となりますので予めご承知おきください。

Q:チケット売り場の場所が分からなくてエーデルワイスまで降りてしまったけれどリフト券は販売しないのですか?
A:リフト券を持たずにゲレンデ最下部のエーデルワイスまで滑走してしまった場合は、抱っこ紐を借りにいくためやリフト券を買うために一度は第2ペアリフトに無料で乗車いただけますのでレストランやリフトの係員にお伝え下さい。(1回乗車のチケットをお渡し致します)

Q:スクールに入る時はリフト券が必要ですか?
A:レベルによりリフト乗車回数が違ってきますが中級・上級レッスンのように普段からリフトをご利用頂けるレベルですと半日券か1日券になります。
初心・初級の場合は1~3本の場合もありますので、まずはスクール受付で確認し1回券や回数券もご検討下さい。ただレッスンの後もまだまだ滑走されるようでしたら、1日券がお得になることもあります。(1回券は500円)

Q:プラスチックスキーでは滑走できないのか、リフトは乗れないのか?
A:プラスチックスキー及びプラスチックスノーボードには金属エッジがない為スピードが出た際にターンや停止が上手くコントロールできないことから、
安全を考慮してリフト乗車及びゲレンデ滑走はお断りしています。

Q:抱っこ紐がないとリフトは乗車できないのか、またどこで借りられるのか?
A:滑走中やリフト乗車の際に子供が転落する危険がある為、保護者の両手が自由になる状態なら滑走を許可しています。
また抱っこ紐のレンタルはリフト券売場にて有料(半日500円/1日1000円)で貸し出しを行っています。
Q:抱っこ紐がないとリフトは乗車できないのか、またどこで借りられるのか?
A:滑走中やリフト乗車の際に子供が転落する危険がある為、保護者の両手が自由になる状態なら滑走を許可しています。
また抱っこ紐のレンタルはリフト券売場にて有料(半日500円/1日1000円)で貸し出しを行っています。

Q:シーズン券を持っている人と一緒に行くとリフト割引などの特典はあるの?
A:同伴者5名までリフト1日券(大人・子供・マスターに限る)の通常価格から1000円の割引が適用されます。またレンタルの滑走用具1日セットも通常価格から500円の割引が適用されます。

Q:早朝営業は半日券で利用できますか?
A:半日券の場合は午前券、そして1日券・シーズン券をお持ちのお客様は早朝営業(指定日のみ)が無料でご利用頂けます。
Q:早朝営業は半日券で利用できますか?
A:半日券の場合は午前券、そして1日券・シーズン券をお持ちのお客様は早朝営業(指定日のみ)が無料でご利用頂けます。

Q:リフト券はクレジットカードで支払いできますか?
A:リフト券売場でのみクレジットカードのお取扱いを行っています。
Q:リフト券はクレジットカードで支払いできますか?
A:リフト券売場でのみクレジットカードのお取扱いを行っています。



ゲレンデ編

Q:人工降雪って雪質が悪いような気がするけどどれも同じなの?
A:人工降雪は大きく分類すると3種類あります。
巨大な冷凍庫で氷を作りそれを砕いて撒くアイスクラッシャー、粒の大きい氷雪を水圧で作るスノーガン、最後に当社の様な細かいノズルから上空へ高圧で霧状に撒き空中で雪の結晶化をさせるファンタイプがあります。それぞれに気象条件や特徴がありますがファンタイプは非常に自然雪に近いコンディションが作り出せます。

Q:雪をもっとつくらないのですか?
A:氷点下2度以下ぐらいで湿度も一定の条件以下にならなければ人工降雪ができませんが、可能な日はフル稼働をしております。
地球が温暖化にならないように我々一人ひとりが出来る事を続けていくことが大切ですね。
Q:雪をもっとつくらないのですか?
A:氷点下2度以下ぐらいで湿度も一定の条件以下にならなければ人工降雪ができませんが、可能な日はフル稼働をしております。
地球が温暖化にならないように我々一人ひとりが出来る事を続けていくことが大切ですね。

Q:パークにはどんなアイテムが設置されていますか?
A:BOX数台(ワイド・ナロー・アーチ・ロング)・ウェーブ・連続キッカー・サイドウォール・ワンメイクジャンプ台が基本的なアイテムとなります。
季節や雪の状況に応じて他のアイテムに変更になることもありますが、その際はホ―ムページなどで告知致します。

Q:キッズパークに入場している子供の写真を撮りたいのですが保護者は無料で入れますか?
A:キッズパークに入場の場合はどなた様からも入場料を頂戴することになりますので、写真のみの場合はキッズパークエリアの外からでお願い致します。
尚、リフト1日券(半日券の場合はその時間内のみ)・シーズン券をお持ちの方、及び3歳以下のお子様は入場料が無料となります。



施設編

Q:待ち合わせの時間が気になるのですが時計はどこにある?
A:各リフト降り場、リゾートセンター横の時計台、レストランエーデルワイス横に外時計がございます。
Q:待ち合わせの時間が気になるのですが時計はどこにある?
A:各リフト降り場、リゾートセンター横の時計台、レストランエーデルワイス横に外時計がございます。

Q:レンタルはありますか。グローブや帽子はレンタルできますか。レンタルのサイズは?
A:スキー・ボード・ウェアのレンタルはありますが帽子・手袋・ゴーグルは衛生管理が出来ない為、個人向けのレンタルはお取り扱いしていません。

Q:温泉の場所が分かりません?
A:リエックスホテルの奥にあります。車なら直接駐車場があり、徒歩ならホテル経由で温泉につながっています。大きなお荷物などはインフォメーションでお預かり出来ますので是非温かい温泉で身体をリフレッシュして帰ってください。

Q:レストラン・チケット売り場等の場所がわかりません?
A:ホームページやパンフレットにもMAPはありますが、リゾート内に入り道路脇左手に出てくるのがスクール棟とステーキハウス・シェラです。その奥にはパトロール室やリゾートセンター(チケット売場やレンタル)があり、目の前はゲレンデとなります。

Q:スキー場のレストラン(エーデルワイス)に昼食のみ食べに行くのには、どうやって行けば近い?
A:滑走用具をお持ちでなければホテル地下出入り口から乗車できるケーブルカーをご利用下さい。滑走目的でなければチケットは不要です。

Q:300円で朝食を食べられるって聞いたのですが本当ですか?
A:ステーキハウスシェラの営業日のみとなりますが300円のモーニングをご用意していますので温かい場所でごゆっくり朝食を召し上がって頂けます。

Q:無料休憩所はありますか?また持ち込みはOKですか?
A:リゾートセンター2Fに無料休憩所があります。駐車場内なら持ち込みの飲食は可能ですが、レストラン内への持ち込みはお断りしています。また駐車場でも火を使用する調理は安全上、原則禁止とさせていただいています。

Q:キッズルームはありますか?
A:リゾートセンター2F無料休憩所内に子供休憩コーナーがあります。託児はありませんが保護者同伴で小さなお子様なら無料で利用できます。

Q:RE-EXの意味は?
A:RE・・・Resort(保養地)、Refresh(爽やかにする)、Recretion(気晴らし)、Relax(やわらぐ)、Relince(信頼)、Rejoice(楽しむ)
EX・・・Exective(実力者)、Excite(刺激)、Excellence(美点)、Expect(期待する)、Expert(専門家)
これらを合わせて、RE-EXです。